会員情報一覧» 保険事業について

保険事業について

育英・生活年金事業

1年契約の団体生命保険です。掛金(保険料)を納入した会員に万一の不幸(死亡・高度障害)があった場合に、一定の期間(5〜22年)にわたり「育英・生活年金」が給付されます。

◎給付の種類
○育英・生活年金・・・5年〜22年の確定年金
会員の指定した受取人に給付されます。
◎掛金(保険料)
○掛金の額は、毎年、加入者数や加入者の年齢構成等により決定されます。
○加入年齢に関係なく定額となっています。
○毎月の給与から控除されます。
◎配当金
 1年ごとに収支決算を行い、剰余金が生じた場合は、配当金として掛金(保険料)負担者へお返しする仕組みになっています。配当率は、お支払い時期の前年度決算により決定しますので、将来お支払いする配当金額は現時点では確定していません。
◎その他
○掛金(保険料)は、年末調整の生命保険料控除の対象となります。税務の取扱いについては、税制改正により今後変更となることがあります。
○更新の際に保険金額・受取人等の変更の申し出がない場合は、毎年自動的に更新されます。

「育英・生活年金」退職後制度

一時払退職後プラン(一時払退職後終身保険+普通傷害保険)です。

◎制度の概要
 退職後、加入者が死亡又は高度障害になられた場合に、保険金が支払われます。
 また、10年間は、ケガの災害による入院・通院等をされた場合に、保険金が支払われます。(普通傷害保険[損害保険部分])
◎加入対象
 「育英・生活年金事業」に退職日直前まで継続して2年以上に加入していた会員で、退職時の保険年齢が満44歳6ヵ月以上、満75歳6ヵ月以下の会員です。(原則、健康告知は不要です。)
◎保険料
 最低50万円から上限3,000万円までの現職中の保険金額の範囲内で、退職時に一括納入していただきます。
退職時の保険金額を超える部分(保険金額の増額部分)のお申込みについては既加入保険金額に1,000万円が限度となります。
◎保険期聞
  • 終身保険部分は、責任開始日より終身です。
  • 普通傷害保険部分は、責任開始日より10年間です。
◎その他
  • 終身保険部分の解約返戻金の額は、契約年齢、経過年齢等によって異なります。ただし、ご契約後短期間で解約された場合、お払込保険料を下回ることがあります。
  • 終身保険部分の保険料は、生命保険料控除の対象となり、所得税・住民税が軽減されます。税務の取扱いについては税制改正により、今後変更となることがあります。

※制度内容等詳細については、パンフレットをご一読ください。
※当ホームページに掲載している内容は2017年度の制度内容(2017年3月1日時点)のものです。
ご加入に際しては、最新のパンフレットを必ずご参照願います。
MY-A-17-他-002758 MYG-A-16-LF-1161

会員情報一覧に戻る

▲このページの上へ